忍者ブログ
<<   2017   12   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
16 December 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お掃除終わったー!

ルゥ「まだ一部だけですし…」
テト「このまま更新止まるよりはいいんじゃない?」

まぁそこら辺は置いといてよ。とにかくようやくアノンさんとクォウのバトルの準備が整った!



アノン「みんな、がんばりましょうね!」
爆丸一同「(うなづく)」



クォウ「勝ちに行くぞよ。この勝負だけは負けられん!」


(実質この家の一番影の薄い神姫決定戦じゃからな…せめて目立たねば)



ルゥ(花型)「これでテト以外はみんな爆丸するよーになったね」
エルダ(イーダ型)「これはこれでどうかとも思いますわよ…?」
テト(猫型)「だってパートナー使わせてもらえないし」

いやだからテトさん? ジャガーノートさんは僕の相棒だからダメっていってるでしょ?



テト「でも使うんならやっぱジャガーノートがいいんだよ。付き合い長いしね」

そりゃ初めて買った爆丸の一つだしね…。そういえばその頃にはもうテトさんとルゥはいたわけだもんね、懐かしい。



まぁ回顧話はまたいずれとして、ジャガーノートさん使うから。

テト「あとで返してよー」

 僕のだよ!



バトル開始前におさらいしとくよ!

爆丸バトルは爆丸とゲートカード(鉄板入りの赤いカード)3枚と様々な能力をもったアビリティカード(青いほう)を0~6枚使って勝負する。オハジキと陣取りゲーム、カードゲームが融合したような全く新しいホビーだ!
公式ルールではゲートカードを取り合って勝負するぞ。



ゲートカードをフィールドにセットして爆丸をシュート、それでゲートカードの鉄板に反応して爆丸が瞬間変形して球からモンスターになる!
これが”スタンド” これができて初めて勝負が成立するんだ。

続いて勝負に勝つための条件、ゲートカードの取得について



一つ目が”ダブルスタンド”文字通り自分の爆丸を2体同じゲートカードに乗せればカードゲットだ。


二つ目が”クリティカルKO”相手のスタンドしている爆丸を弾き飛ばし、さらにシュートした自分の爆丸がゲートカード上にスタンドした場合にもゲートカードを取得できる

ルゥ「ダイススローがぁッ!」

エルダ「私怨の見え隠れする画像ですわね…」



続いて最後が”ポイントバトル”自分と相手の爆丸が同じゲートカード上に乗ったらカードを表向きにして数値比べを開始!爆丸本体に書かれている数値にゲートカード上に表記されている自分の属性の数値を加算、さらにゲートカードの効果がある場合もあるぞ! 

 って誰だゲートカード差し替えたの!? ジャガーノートさん!

ルゥ「おかえしですし」

エルダ「似たり寄ったりなことですこと…」

 気をとりなおして・・・。これらの方法で先にゲートカードを3枚獲得した方の勝ちだ!アビリティカードはこれらのサポートに使うって感じだね。
 それではクォウとアノンさんゲートカードをセットして!



バトル開始! 先攻はクォウ!



クォウ「よし、行くぞよウルファング! 爆丸シュート!」





 シュートミス!


クォウ「おかしいのう…」



アノン「ハーちゃん行きますよ、爆丸シュート!」


回転すごっ!?


アノン「ポップアウト! ダークオン・ハイパー・ドラゴノイド!」

ハーちゃん「ググゥ!」


エルダ「なるほど、すねで爆丸を押さえることで軸足を中心とした回転運動を効率よく伝達してスピンシュートを撃っているのですわ!」

 解説ありがとうございます、エルダさん。神姫だとスピンシュートしにくいだろうなと思ったらこういう手があったか。



クォウ「次はそっとじゃ…爆丸シュート」



クオウ「成功したのじゃ! ウルファング、スタンド!」

  ポイントバトル発生!



アノン「ゲートカードオープンします! ムーンバーン!」

クオウ;ウルファングPL540+JP60=600 VS 640=JP140+ハイパードラゴノイドPL500;アノン

あとからスタンドしたプレイヤーからアビリティを順番に発動可能、なのでクォウから!


クオウ「なんじゃ、たったの40差か。なら全力で引き離すのじゃ!」


クオウ「アビリティ発動、結束する光じゃ」

結束する光:光属性専用、使っている爆丸が三つとも光属性であればゲートカード上のジャッジポイントすべてを得る


アノン「え、一気にPL1200台…上回れませんよ、そんなの」



バシッン!!

ウルファング「ガウゥ!」



アノン「大丈夫、ハーちゃん? 少し休もうね?」
ハ-ちゃん「グゥ…」


クォウ「まずは一枚じゃな」

 ターン変わって次はアノンの番。
アノン「となるとラプターさんたちですので、パワーはそう高くない…相手がシュートしにくい場所にゲートカードをセットして、と」



アノン「爆丸シュート! ポップアウト、ノヴァ・ラプターさん!」

クォウ「ならわしもちっこいのを使うぞよ! 爆丸シュート! …あれ?」



クォウ「どうしてなのじゃ…? こうも失敗しまくるとは」


テト「まぁ爆丸今日はじめて触ったわけだしね、クォウは」

エルダ「それでサイズが違うものだと扱いにくいのも無理ないですわね。まずはウルファングに慣れないと…」

クォウ「なんと...」


アノン「じゃあ、もう一人のラプターさん、お願いしますね」

ラプター「キィー!」

アノン「これくらいの位置からそっと、と…。爆丸シュート」



アノン「ダブルスタンド! 一枚目ゲットです!」

クォウ「んー追いつかれたか。致し方がない、シュート前アビリティ発動じゃ! アビリティ発動”ファビアの祈り”!」


ファビアの祈り;光属性専用、相手のウィニングスロットにあるゲートカードを一枚選び、相手プレイヤーのゲートカードスロットに戻す


アノン「えー、せっかく頑張ったのに… 振り出しですね」


ルゥ「クォウ攻めまくりですし」

エルダ「今まで爆丸は触ってなかったけどどういうカードがあるかは知ってたみたいですわね」

テト「シュート能力ではアノンのほうが上で、カード戦略ではクォウの方が一枚上手、と。こりゃ面白い勝負になりそうだね」


アノン「おもしろくないです…ハーちゃん倒れたし」

その2に続く!
PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    10  9  8  7  6  5  4  3  2  1   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts